忙しい毎日の中で「料理に関する工夫」どうしていますか?みなさまの声を紹介!

忙しい毎日の中で「料理に関する工夫」どうしていますか?みなさまの声を紹介!
Scroll Down

お家で食事をすることも特に増えた昨今、みなさまどんな料理をしていますか?食や健康、ライフスタイルなど、たくさんのコンテンツが詰まったハウス食品グループ会員サイト「カモンハウス」で、「料理」に関する工夫・アイディアをお聞きしました!今回寄せられたお声の一部を紹介します。

洗い物も少なく便利な丼料理

・時間がないときは丼もの。その中で野菜とたんぱく質、炭水化物をとれるように。洗い物も少ないので片付けが楽。(さーかすママさん)

・基本は週に一度のまとめ買いで、1週間食材をどうやってやりくりするか…をゲーム感覚で楽しんでいます。食材が足りない時、時間がない時には丼ものが大活躍(^-^)(ふみままさん)

豚しそ梅丼やしょうがごはんの温玉しらす丼など丼レシピをご紹介

リメイクで時短

・おでんを煮た翌日はおでん出汁でカレーを煮込むと旨い!他にもあれこれ思案中。(伽凛伽凛さん)

こちらでもいろいろなカレーのリメイクアイディアをご紹介しています!

「献立を考える」家事はどう乗り切る・・?

・給食の献立を参考に夕飯や昼などを作ってます!!(ようちゃんさん)

・余裕がある時はとにかく献立を考える。私が料理するのが面倒臭くなる時は何を作るか考えないといけない時なので、献立が決まっているとスムーズに料理出来ます。(たまさん)

冷凍技で時短

・時短の為に野菜冷凍してます!沢山収穫したり沢山頂いた時にやります。玉ねぎは主にカレー、シチュー用の大きさに切り冷凍、ニラも用途に応じて切り冷凍→餃子、スープ、卵焼きにいつでも手軽に入れられます。ぶなしめじもバラバラで冷凍、えのきはそのまま冷凍しても簡単に切れます!その他にも冷凍できる時期の野菜を模索中です!(annikuさん)

・冷凍野菜の素晴らしさに最近気づきました!洗ったり切ったり小分けにして冷凍したりする手間を省けるので、手軽にいつでも必要な分だけすぐ料理に使えて便利です!(百本満足さん)

・お肉に味付けをして冷凍しています。忙しい時は解凍して焼くだけなので、便利です。(るるたさん)

ハウスでもカレーやシチューの冷凍技をご紹介中。

こちらでは、切った野菜をそのまま冷凍する技をご紹介。

それぞれの家の「作り置き」

・作り置きをする時は完成まで作らずに下ごしらえまでで止めておく事もあります。量を作って保存しても飽きてしまって食べなくなってしまったりする事があるので、下ごしらえで止めておけば味に変化を出したり、作れる料理のレパートリーも増えます。(あずきこうじょうさん)

・野菜が不足しないように、作り置きをいくつか。小松菜と油揚げの煮びたし、ラタトゥイユなど、季節に合わせて作っています。(みっちーさん)

・私は、野菜を塩漬けしたり、酢漬けしたり作りおきして野菜不足を解消したりしてます。決して無理しない献立を考え作ってます。レトルトも勿論食べますが野菜を沢山取り入れる工夫をしてます。節約にも繋がります。(りーくんさん)

子どもも一緒にお手伝い&食育

・共働きでずっと働いてきたので、子供達には小学校高学年からは食事で自分が使った食器は自分で洗うというマイセルフ方式を導入しました!!そのため、洗い物を増やさない工夫をするようになったり、例えばワンプレートごはんを意識するようになったり、親が仕事で疲れていると進んで家族の食器を洗ってくれたり、優しい気持ちも育まれました!(バーモントカレー大臣さん)

・慌ただしい毎日なので、時間をかけた料理は土日に楽しむようにして平日は簡単料理です。子供達に配膳をお願いして、テーブルの上を拭いてお箸や料理を運んでもらうことですごく助かっています。(ばんちゃんさん)

・我が家は共働き。緊急事態宣言のなか、毎日お弁当を用意するのは大変でしたが、息子が学校で習ったからとお味噌汁や卵料理をして娘の分もお昼御飯を用意してくれて大変助かりました。誉めて伸ばして挑戦させて、昨日はコロッケも作ってくれました。幸せも倍以上感じられました。(ちわさん)

・弟が生まれお姉ちゃんになった次女。朝パパのお弁当の一品、卵料理を作ってくれます。簡単なお料理ですが、愛情たっぷり。誰かの為にという思いが詰まったお弁当、みんなニコニコです。(くっしーさん)

がんばりすぎない気持ちを育てよう!

・調理!お惣菜や冷食を利用するのに「罪悪感」を持つ気持ちを捨てました! 【自分ファースト!】でボチボチ生きてます!(*^^*)b(シスター。さん)

・仕事を初めてから、完璧を目指さず頑張りすぎないようにしています。平日は手抜きでも休日に頑張ろうと思ってマイペースに料理しています。(まいりんまいさん)

楽しい食卓・感謝する気持ち

・夫婦共働きで高校生と大学生の四人家族。私も在宅勤務となり子供達もweb授業で気が滅入る毎日が続くなか家族共通の話題を持つことに。実践したのは家族全員のお弁当を作ること。お昼ご飯も家で食べる機会が増えたのですが、敢えてお弁当を作り今日のお弁当の評価、明日のお弁当の希望に話が盛り上がり、以前より家庭が明るくなった様に思います。(しまうーさん)

・手で簡単にちぎったり、混ぜるだけで出来上がる料理は、ボウルごと家族にお任せします。楽しそうに作業している姿を見ていると、食事の時間が待ち遠しくなります。ボウルはそのまま食卓に置き、小皿でそれぞれが好きなだけ取るビュッフェスタイルだと、取り分けて運ぶ手間が無くなるので時短にも。料理は楽しく、簡単に作って美味しく食べられるように心がけています。(まねき@フルーチェラブさん)

・互いに作った料理をほめ合うことを基本にしたら、新たなチャレンジに意欲が湧くと思います。人間は何歳になってもほめられるとうれしいものです。(テルテル法師さん)

いかがでしたか?
この他にも様々なお声をいただきました!詳細はカモンハウス内トークのお部屋をチェックしてみてくださいね。

>詳しくはこちら

この記事のキーワード

関連記事

おいしい家族育とは?

食を通じて家族を育む。ハウス食品グループがお届けする、共働き家族応援プロジェクトです。
「食卓」を家族でつくることから生まれる、新たなおいしさや、育まれる家族の絆、慈しみの心を育てていくことを目的に、毎日に役立つレシピや、調理アイディア紹介、家族の時間を見つめ直すきっかけに繋がるコラムなどをご紹介。みなさまの笑顔あふれる毎日を応援しています。

ホームアクティビティおいしい家族育忙しい毎日の中で「料理に関する工夫」どうしていますか?みなさまの声を紹介!

page top