2019年9月6日 (金)

収穫スタート ― 産地栗山町で試食会開催!

今年も「スマイルボール」の収穫がスタートしました。
今回は収穫された「スマイルボール」、それから健康成分と言われているケルセチンが通常の1.5倍~3倍含まれる「さらさらレッド」のお披露目を兼ねた「圃場開放Day・早取りタマネギ大試食会」の様子をお届けします。

今年は順調に育つスマイルボール、さらさらレッド

8月9日(金)「スマイルボール」の産地である北海道夕張郡栗山町にて、「圃場開放Day・早取りタマネギ大試食会」を実施。
日頃お世話になっている関係者の皆さまはもちろんのこと、今年は栗山町にお住まいの一般の方々にもご参加いただき、総勢およそ90名で大いに盛り上がりました。

昨年は北海道を直撃した台風や長雨の影響で、一部を除き出荷停止となってしまった「スマイルボール」ですが、今年は順調に育っております。

まずは「スマイルボール」、それから「さらさらレッド」を生産している「栗山町さらさらレッド生産組合」の長尾組合長の開会の挨拶からスタート。

それから長年ハウスと一緒にアグリ事業に取り組んでいただいている(株)植物育種研究所の岡本社長の講演。
なんと紀元前3,000年の古代エジプトの壁画にタマネギが描かれているという……
タマネギの歴史や今後の展望やビジョンについて、お話していただきました。

講演の後は、大型バスで生産者の中島さんの圃場へ移動。すでに倒伏している「スマイルボール」「さらさらレッド」を見学していただきました。岡本社長、生産者の皆さんの解説付き。
この頃には雨も上がり、北海道の涼しい風が心地よく感じられました。

大試食会。シェフ手作りのメニューに賑わう

そして「早取りタマネギ大試食会」のスタート。
本来は収穫後、風乾(風や外気にさらして自然乾燥させる)させた後のタマネギを試食するのですが、今回はお披露目の意味も込めて、一週間前に収穫した早取りのものを特別に試食していただきました。

札幌から「カンティーヌ セル」の黒滝シェフ、「ビーストキッチン」の佐藤シェフ、「ルル マーレ」の津田シェフにお越しいただき、それぞれ2品ずつ振舞っていただきました。「水さらしナシでそのまま食べられる」特徴が見事に活かされていましたね。「さらさらレッド」の鮮やかな色合いを活かしたジャムやピクルス、「マロニー」を使ったサラダメニューも登場しました。

試食会へは栗山町の佐々木町長もご参加いただき、カメラの前で丸かじりにチャレンジ!
お忙しい中、スケジュールの合間を縫って駆け付けてくださいました。

栗山町の子供たちにとっては楽しい夏休みの思い出の一つとして、楽しんでもらえたのではないかと思います。

「スマイルボール」「さらさらレッド」は11月1日からの販売を目指しています。これからこのようなイベントや展示会には頻繁に参加していきますので、またブログの中でも告知させていただきます。

皆さまにこの「スマイルボール」と「さらさらレッド」が届くように、引き続き活動していきます。

一覧に戻る

ホームアクティビティスマイルボールスマイルブログ

page top