品質保証

活動を通じて
貢献をめざす
SDGs

8 12

安全・安心な商品とサービスをお客様へ提供し続けるために、原材料の調達、商品の企画・設計、栽培・製造、物流、販売までのバリューチェーン全てにおいて、ハウス食品グループ全社員が一丸となり、品質の維持向上に取り組んでいます。

ハウス食品グループ品質方針

〈品質理念〉
私たちは、「お客様」の生活に役立ち「お客様」に認めて頂ける価値ある商品・サービスを提供することで、「お客様」の食生活と健康に貢献していきます。

〈行動指針〉
ハウス食品グループの一人ひとりが、以下の行動指針に則って行動していきます。

  1. お客様の立場に立って、誠実に行動します。
  2. お客様の安全を何よりも優先して徹底します。
  3. お客様の声に耳を傾け、お客様起点で商品・サービスの開発と改善を継続します。
  4. お客様の信頼に応えるため、正確で分かりやすい情報を提供していきます。

品質保証体制

ハウス食品グループでは、グループ本社役員や事業会社社長、社外有識者で構成する「グループ品質保証会議」で、品質保証に関する重要課題について討議を行い、継続的な品質保証活動を進めています。グループ本社の品質保証統括部と事業会社の品質保証部門長による「品質保証責任者会議」では、「品質情報リスクマネジメント会議」や「グループ表示会議」など専門会議を通じて、法改正情報の収集を行い、事業会社と連携し、法規制の遵守に向けた対応やグループ共通の課題や事業会社の課題について、俯瞰的な視点と各社の「現場の実情」の両面から討議し、品質保証力の向上に取り組んでいます。これらの取り組みと連動して、各事業者でISO9001や食品安全規格であるFSSC22000および同等の認証取得に取り組んでいます。

※FSSC22000:食品安全に関する品質マネジメントシステム

各事業会社の品質保証システムの運用状況はこちら

品質保証体制
品質保証体制

品質を重視する風土醸成の取り組み~プロフェッショナル表彰制度~

品質を重視する風土醸成の取り組み~プロフェッショナル表彰制度~

生産の現場では日々、「ヒト・設備・原料・方法」などの様々な変化があるなか、多くの創意・工夫によって安全・安心な製品の実現につなげています。安全・安心な品質を維持し続けるためには、現場の地道な活動の継続が大切であるとの想いから「プロフェッショナル表彰制度」を2018年に開始しました。事業所ごとに他薦で選出を行い、受賞者への感謝の気持ちを伝えるとともに、受賞者の想いやこだわりと同僚や上司が感じる受賞者の凄さをグループ報などでグループ内共有を行い、品質を重視する風土醸成に取り組んでいます。開始からの3年間で41名の方が表彰されています。

関連情報

クリックするとバリューチェーンの各項目をご覧いただけます。