ハウス⾷品グループ贈賄防⽌⽅針

私たちは、公正・透明で適正な事業活動を実践することがCSR経営の最重要課題の一つと認識し、ハウス食品グループが事業を展開する国・地域すべてにおいて、公務員等に対する不正な意図をもった便益提供・経費負担行為を禁止し、清廉な事業遂行に努めることで、社会的責任を果たしていきます。

  1. 直接・間接を問わず、公務員等に対して、不正な意図をもった便益提供や経費負担行為を行いません。また、不正な意図をもった寄附・助成等を行いません。
  2. 便益提供や経費負担行為、また寄附・助成等を行う場合は、利益相反とならず、また社会的に公正で、正確かつ誠実に説明責任が果たせるよう十分配慮して行います。
  3. 不正な意図がなくても、外形上、不当な利益提供と映ってしまう便益提供や経費負担行為、また寄附・助成等については、これを慎みます。
  4. 贈賄防止に対する基本姿勢を揺らぎのないものとするため、便益提供や経費負担行為、また寄附・助成等に関する社内ルールを定め、その遵守を徹底します。