やりがいを感じられる仕組み

自ら考え、自らチャレンジする組織・風土づくりのために、社員のキャリア開発と能力開発を多方面からバックアップし、会社と個人がともに成長の喜びを実感できる組織風土を目指しています。

チャレンジする風土

表彰制度

ハウス食品グループでは、社に対して大きく貢献し、他の社員の模範となる行動をとった社員、または組織を表彰する「ハウス食品グループ功績表彰制度」と、活動の内容が社会的に意義を持ち、社員の模範として認められる社員、または組織を表彰する「ハウス食品グループ貢献表彰制度」の2つの表彰制度を導入しています。

表彰制度

自己申告

「社員一人ひとりの、現在およびこれからのキャリアや仕事についての考え、また個人事情を把握し、適性配置、人材活用へ繋げていく」ことを目的として、自己申告を実施しています。直属の上司を通さずに直接人事部長に対して仕事・職場に関する意見や希望、家庭の状況などを伝えることができます。

社内公募

社員が自ら手を挙げて、チャレンジする風土の醸成、意欲と適性の高い人材の発掘、成長事業への配置を目的とし、定期的に実施しております。

業務改善提案制度

社員のコストダウンに対する意識・モチベーションを高め、業務の生産性向上と社内風土の醸成に繋げることを目的とし、業務部門の課長以下の全社員を対象に、業務改善制度「G-Diet」を推進しています。「業務効率」・「職場環境」・「業務品質」に繋がるアイデアを社員自らが提案、部署長が評価を行い、クール毎に審査結果を公表し、報賞も行っております。
また生産部門においては、人員育成を重視した全員参加型の改善活動「HPS(House Production System)」を全工場で実施しています。
改善活動を通じて感じる(感性)人、考える(力を養う)人の継続的育成により仕事の質を上げ、負荷を下げる事で余裕を生み、余裕が新しい気づきを生む、良い連鎖の構築を目指しています。

キャリア開発の支援

キャリア開発シート

個人のキャリアや、職場、個人の要望等について記載した、「キャリア開発シート」をもとに上司と直接面談することで、個人のキャリア開発支援に役立てる仕組みを導入しています。

キャリアサポート面談

社員のキャリア開発や心身の健康管理をサポートをするために、産業カウンセラー資格を有する社員を中心とした「キャリア・サポーター」を設置しています。定期的に「キャリア開発シート」を活用したキャリア面談を実施し、各種社内学習会との連動を図り、社員各人のキャリア形成に寄与しています。

キャリア開発学習会:キャリアワークショップ

30歳前後の中堅社員を対象に、「自分と組織の向上心を同化させながら、自ら将来のビジョンを描き、やり遂げるための一歩を踏み出す」ことをねらいとし、同年代の社員と、今後のビジネスキャリアについて考える学習会を開催しています。

キャリアデザインセミナー:
これからの仕事と生活を考えるセミナー

キャリアを重ねた社員を対象に「公的制度と社内制度を理解し、生涯経済プランやキャリアプランを考えるきっかけとする」ことを目的として、「これからの仕事と生活を考えるセミナー」を労使共催で実施しています。
2015年は65名の社員が参加し、それぞれが自らのテーマを持って臨みました。セミナー終了後、参加者から「今までの人生を振り返り、今後の人生をじっくりと考えてみる機会になりました」「自分と家族の近い将来について話し合うきっかけとなりました」などの感想が寄せられました。

これからの仕事と生活を考えるセミナー

定年説明会

定年の数ヶ月前に、定年退職もしくは、再雇用後のマネープランや諸手続などについて説明会を開催しています。

人材育成

人材育成の考え方

ハウス食品グループでは、「人材とはバランスシートには表れない最も重要な財産である」という考え方の下、経営の中心課題と位置付け人材育成に取り組んでおります。

学習体系

ハウス食品グループでは、社員教育に関する専任部署を設置し、階層別・年代別、キャリア開発等の各種学習会の企画・運営を行っています。

学習体系図
※画像をタップで詳細を表示
学習体系図

ソーシャルビジネス

<社会課題解決プログラム(地方創生チャレンジ)>
社会課題に取り組む日本国内のNPOや企業と連携し、ハウス食品グループで培った知識・経験・スキルを活かして1人あたり約6週間現地に滞在し、現地の課題抽出、解決に取り組んでいます。

<新興国チャレンジ 新興国での社会課題解決(留職)>
新興国に赴き、現地の政府、NPO、企業等と連携し、ハウス食品グループで培った知識・経験・スキルを活かして現地の社会課題を解決する(期間:3~6ヵ月)

特徴的な学習会

<経営基礎学習会>
次世代リーダーを目指す社員を対象に実施。戦略を作ることができる人材の育成促進を目的に、マーケティング、アカウンティングといったMBA科目の基礎をビジネススクール形式で約3ヶ月かけて学びます。

<中堅リーダー学習会>
中堅リーダーに必要な周囲のパワーを引き出す力、完遂する力を身につける学習会です。通信教育による知識学習(マーケティング、アカウンティング)と集合学習で構成され、集合学習では、小演習を通じて、リーダーシップについて学び、自らのビジネスリーダー像を描きます。

<事業プランニングワークショップ>
30歳代の中堅社員を対象に実施。新規事業プランを半年間かけて構築する過程において、事業立案に必要なスキルを学びながら、具体的な事業プランを検討していきます。新規事業プランについては最終、経営層にプレゼンテーションを行います。

グローバル人材育成

ハウス食品グループの更なるグローバル展開を見据え、以下の教育施策を実施しております。

<グローバルチャレンジ(公募制)>
「自ら手を挙げ、グローバルな環境における経験の機会を掴み取る」ことをテーマとしたプログラムです。

【米国チャレンジ】バークレー短期留学&インターンシップ
米国カリフォルニア大学バークレー校への留学、およびインターンシップ(期間:留学4ヵ月、インターンシップ4ヵ月)
【中国チャレンジ】清華・復旦大学語学留学
北京:清華大学または上海:復旦大学への語学留学(期間:約4ヵ月)

<グローバルマネージャー育成プログラム(指名制)>
1週間新興国へ赴き、複数のミッションに取り組む経験を通じて、グローバルな環境下で周囲を巻き込みやり抜く力を養うプログラムです。

<グローバルリーダー育成ワークショップ(公募制)>
グローバルビジネスを理解し推進していくうえで必要となるマインドやリーダーシップの習得を目的としたプログラムです。

<語学力Jump Up Program(公募制)>
グローバルでの活躍のベースとなる語学能力向上を目的とし、英語・中国語のE-ラーニング及びオンライン会話レッスンを全額会社負担にて行うプログラムです。

グローバル人材育成

コンプライアンス学習会

随時、コンプライアンス学習会を実施しています。2011年度は、ハウス食品の管理職を対象としたパワーハラスメント学習会を全事業所で実施。2012年度、2013年度は、ハウス食品グループ各社の管理職を対象とした人事マネジメント学習会、パワーハラスメント学習会を実施しました。
また、新入社員学習においては、CSR部と連携してコンプライアンスだけでなく、環境学習も実施しています。

自己啓発

<通信教育>
入社5年目までの社員を対象に、「マーケティング」「会計」「品質」「語学」などの基礎知識を学ぶ、おすすめ8コースについて受講料の全額補助を行い、受講を推奨をしています。
おすすめ8コース以外にも、全社員を対象に、約100のコースについて受講料の半額補助を行っています(いずれもコースを修了することが補助の条件)。
また、特定の資格昇格時に、図書を贈呈し読書を推奨、自己啓発する風土を醸成しています。

通信教育

<語学試験>
社内におけるETH(TOEICテスト)の実施、各種公開テスト(TOEIC、TOEFL、中国語検定)への受験料全額補助(各年1回まで)等を行っています。

1~3年目学習会

入社1年目から3年目までをファーストキャリア期間と位置付け、1年目の基礎力の養成に始まり、2年目(ロジカルシンキング)、3年目(リーダーシップ)と、それぞれ集合形式での学習会を開催しています。入社3年目でファーストキャリア期間は終了し、中堅社員としての力を付けることを狙いとしております。

グループ合同新入社員学習会

2011年度まで各社毎に実施していた入社式を、2012年度よりハウス食品グループ合同の入社式として開催。入社式に引き続きグループ合同で学習会を実施しています。ハウス食品グループとしてより一体感を深める場となっています。

グループ合同新入社員学習会
グループ合同新入社員学習会

ビジネスマナーの学習

入社前にビジネスマナーパスポート(マナー集手帳)をハウス食品グループ新入社員全員に配布しています。また、入社後の学習会では外部講師による「ハウスグループ社員として必要なビジネスマナー」の講義を開催、配属後は各部署にて先輩社員がトレーナーとなり、継続した指導を行っています。

ハウス経営塾

ハウス経営塾

ハウス食品グループ本社社長の浦上を塾長として、将来の経営幹部を養成するハウス経営塾を2012年より実施しています。単なる経営スキル、知識の学習だけではなく、経営者としての精神的軸(胆力)の養成を行っています。

スパイスメーカーとしての活動

スパイスカレッジ

より豊かな食生活を願い、スパイスが広げる料理の可能性や新しい美味しさをお伝えする「スパイスカレッジ」を2006年から実施しています。
「スパイスカレッジ」は、スパイスは知っているけど使い方がよく分からない、いつもの料理にスパイスを使ってちょっと新しい美味しさに冒険してみたい等といった、お客様の声にお応えするために、スパイスライセンス制度で認定されたスパイスマスターを講師として派遣し、スパイスの具体的な使い方を体験していただき、スパイスの魅力をお伝えするものです。

スパイスカレッジ

スパイスライセンス制度

「スパイスカレッジ」実施のために必要な専門知識・スキルを持った人材の育成を目的とした社内資格制度。

スパイスマスター

専門知識を持つ社内外の講師による「知識学習」「料理学習」「現場体験学習」などの「スパイスマスター養成トレーニング」に参加してスパイスコーディネーター協会の資格を取得後、さらに社内の最終資格認定試験に合格した社員に授与される称号。現在67名のスパイスマスターが全国各地で行われる「スパイスカレッジ」の講師として活躍しています。

社員の声を聞く仕組み

従業員意識調査

ハウス食品グループの強み、弱みを客観的な評価により抽出し、今後の人事戦略に反映させることを目的として、3年に1回、一定規模以上のグループ各社の社員を対象として、モラール(仕事、職場、上申、人事、組織に対する意識)および社員の価値観・姿勢についての調査・分析を行っています。
この調査の結果は、社員へフィードバックを行っております。

コンプライアンス調査

コンプライアンスに対する意識や浸透状況を把握するためにグループ全社員を対象に約30問のアンケートを実施しています。アンケート結果は自由意見を含め、各社社長・CSR推進者へフィードバックし、それぞれ対策を講じています。
アンケートの内容は、「職場のコミュニケーション」「情報の取り扱い」「コンプライアンスの意識度合い」「ヘルプラインの認識」「ハラスメントの存在」などです。

相談・報告制度(ヘルプライン制度)

相談・報告制度(ヘルプライン制度)

コンプライアンス上の問題やリスクを早期に発見して解決するため、『グループ共通コンプライアンス・ヘルプライン』を社内および社外の弁護士事務所に設置し、匿名受付も可能にしています。
制度に対する安心感、信頼感を高め、二度と同じ問題が起きないようにするこために、相談・報告者が明らかにならない範囲で、相談・報告内容と対応結果をグループイントラネットに公表しています。

page top