環境活動推進体制

グループ全体で活動

1992年に第1次環境委員会を発足し、1996年に環境理念と環境方針を決定しました。2002年には環境活動担当役員を設け、専任部署である環境活動推進室を設置しました。これを機にハウス食品の環境への取り組みを明確にするため、「環境理念」と「行動指針」を見直して、「ハウス食品環境方針」(現ハウス食品グループ環境方針)を策定しました。
環境活動の具体的な戦略を立案する組織として、ハウス食品グループ本社社長をはじめとした経営層、およびグループ会社の社長が集まるコンプライアンス、リスクマネジメント、社会貢献、環境活動についての決定機関としてグループCSR委員会があります。この委員会で立案された中長期的な方向性に従い、グループ全体で計画的に取り組んでいます。

環境活動推進体制

環境マネジメントシステムの認証取得

グループ会社のISO14001認証取得を推進

工場単位でのISO14001の認証から、2005年12月には研究開発部門、オフィス部門、2007年8月に営業部門を追加して、統合認証の取得が完了しました。

ハウスウェルネスフーズは、2004年に伊丹工場にてISO14001を取得し、エネルギー効率を意識した生産活動など、独自の環境活動に取り組んできました。2010年には新たに営業・オフィス部門にも範囲を拡大し、ハウス食品グループとしての統合認証を取得しました。

また、レトルト製品の具材となる食肉の加工を行うサンサプライは2011年11月に、ハウス食品グループとしての統合認証を取得しました。さらに、特例子会社であるハウスあいファクトリーも2014年11月に統合認証を取得しました。

ハウス物流サービスは、トラックを保有している規模の大きな事業所において、2011年5月に認証を取得、その後、2012年6月には、さらに認証取得範囲を拡大しました。2014年度には、ハウス物流サービス全体で、取得しました。

コンビニエンスストア向けの惣菜、パン、デザート製品等を製造販売しているデリカシェフについては、エコアクション21を2017年1月久喜工場が取得し、全工場が取得しました。

ハウスウェルネスフーズでの外部審査

ハウスウェルネスフーズでの外部審査

トラックに搭載している油漏れ緊急処置セットを確認する審査員

トラックに搭載している油漏れ緊急処置セットを確認する審査員

※画像をタップで詳細を表示

国内グループ会社のISO14001認証取得状況

会社名 状況 備考
ハウス食品グループ本社 取得済 ハウス食品グループ統合認証
ハウス食品 取得済 ハウス食品グループ統合認証
サンハウス食品 取得済 ハウス食品グループ統合認証
ハウスビジネスパートナーズ 取得済 ハウス食品グループ統合認証
ハウス食品分析テクノサービス 取得済 ハウス食品グループ統合認証
ハウスウェルネスフーズ 取得済 ハウス食品グループ統合認証
ハウス物流サービス 取得済  
サンサプライ 取得済 ハウス食品グループ統合認証
デリカシェフ エコアクション21取得済
ハウスあいファクトリー 取得済 ハウス食品グループ統合認証

上海ハウス食品がISO14001認証取得

2011年2月、上海ハウス食品は、海外グループ会社として初となるISO14001の認証を取得しました。目標を設定して、CO2排出削減や廃棄物削減に日々取り組んでいます。

内部環境監査の実施状況

内部環境監査は、ISO14001を取得したすべての事業所において実施しています。社内で認定された内部環境監査員が各職場を訪問し、システムが適切に運用されているかを確認、発見された課題については、環境管理委員会などで改善内容を確認しています。内部環境監査は、社員自らが監査することで、社員の環境マネジメントシステムに対する理解を促進し、システム改善の機会として有効に働いています。

東京本社内部環境監査の様子

東京本社内部環境監査の様子

環境教育

内部環境監査員学習会

ISO14001の理解を深め、内部環境監査員を養成することを目的に、外部講師による研修を実施、全国の事業所から選抜された社員が受講しています。今後も受講者の範囲を拡げていきます。

内部環境監査員学習会の様子

内部環境監査員学習会の様子

環境関連法令遵守

2015年度の状況

事業所ごとに環境に関する法律、条例、行政との同意事項、地域との協定などを管理することを目的とした「環境関連法規規定」を定めて、適切に運用しています。2014年度も、ハウス食品グループが環境関連の法令に違反した事例はありませんでした。

マニフェストの定期報告

廃棄物処理法の改正により、産業廃棄物の種類、量、排出先などの情報をマニフェスト(産業廃棄物管理票)にもとづき集計して、所轄都道府県知事に報告することが義務付けられ、2008年度より報告を開始しました。ハウス食品グループでは産業廃棄物を排出する全事業所が発行するマニフェストに関するデータを管理し、適正な運用に役立てています。

グリーン調達

資材お取引先へのグリーン調達方針の徹底

当社と取引関係のある約500にのぼるお取引先に対して、ハウス食品の「グリーン調達基本方針」に準拠した活動が行われていることを確認し、98%のお取引先が当社基準に合格しています。基準に満たなかったお取引先に対しては、改善をお願いしています。

グリーン調達基本方針

環境保全への積極性評価項目
必要な品質・機能・経済的合理性に加え、環境負荷低減に関して以下のような諸項目を満たしていることを求める。
  • 再資源化を容易にすることを配慮していること
  • 廃棄処理・処分が容易であること
  • 製造時の環境負荷が低いこと など

グリーン購入

グリーン購入の推進

環境負荷ができる限り少ない文具・備品を購入するため、「オフィスにおけるグリーン購入ガイドライン」を制定しています。毎月の実績をチェックしています。

化学物質の管理状況

化学物質の管理

化学物質については、ハウス食品では使用量が少ないため、法的に排出量などの把握および届出の義務はありませんが、自主的に使用量を把握し管理しています。

PCB廃棄物の管理

PCBを含む廃棄物については、「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」に従い、各事業所にて適正に対応しています。対応状況は下表の通りです。

※画像をタップで詳細を表示
事業所名対応状況
関東工場保管中(一部は処理済)
奈良工場保管中(一部は処理済)
大阪本社保管中(一部は処理済)
ハウスウェルネスフーズ伊丹工場保管中
千葉研究センター保管中

緊急事態対応訓練

自然災害や事故の発生などに伴う環境影響を最小限に抑えるため、緊急事態対応訓練を毎年定期的に実施しています。

事業活動のマテリアルバランス

製品のライフサイクルを把握し、それぞれの段階においてさまざまな環境負荷の低減に取り組んでいます。

事業活動のマテリアルバランス
※画像をタップで詳細を表示
事業活動のマテリアルバランス