社外からの表彰

2012年

ハウス食品静岡工場が「第二種無災害記録」を達成

ハウス食品静岡工場の無災害時間が380万時間に到達(2003年11月~2012年3月)したことにより、厚生労働省労働基準局より表彰されました。 表彰式は2012年11月30日(金)に磐田労働基準署で行われました。

デリカシェフ上尾工場が「平成24年度食品衛生優良施設」に

2012年10月26日(金)、デリカシェフ上尾工場が「平成24年度食品衛生優良施設」として、厚生労働大臣から表彰されました。
上尾工場は、平成9年に優良施設として「県知事賞」を受賞。平成13年度には「日本食品衛生協会賞」をいただき、10年が経過し今回の受賞となりました。
「厚生労働大臣賞」は、全国120の施設が受賞し、埼玉県ではデリカシェフを含め4社が受賞しました。食品衛生優良施設に選定されるには、保健所の監査等、さまざまな基準をクリアしなければなりません。衛生面において特に優良であり、他の模範となる施設として受賞することができました。

平成24年度食品衛生優良施設

ハウス食品グループが「障害者雇用優良事業所」として表彰

2012年9月11日(火)、高齢・障害・求職者雇用支援機構による全国表彰式が開催され、大阪府代表のハウス食品グループが、「障害者雇用優良事業所」の表彰を受けました。
ハウスあいファクトリー(2010年4月、ハウス食品グループの特例子会社として認定)の設立をはじめとした、継続かつ安定的な雇用への取り組みが高く評価されました。

「障害者雇用優良事業所」として表彰

2013年

ハウス食品が「こども環境学会賞(活動賞)」を受賞

2009年度からハウス食品グループが実施している社会貢献活動「ハウス食と農と環境の体験教室」が、公益社団法人こども環境学会が主催する、「こども環境学会賞(活動賞)」を受賞しました。このこども環境学会賞はこどもを取り巻く環境に関する優れた研究、デザイン、活動業績などを顕彰するものです。
表彰式は2013年4月27日(土)、こども環境学会総会の席上で行われ、審査委員長から、「食品企業は調理する活動が多い中で、環境教育の視点も取り入れ、作って、食べて、共に考えるという、一過性ではなくプロセスを重視する方法で展開し、さらに地域の関係団体等と共に考えて進める本格的な取り組みであることが評価できる」というコメントをいただきました。

「こども環境学会賞(活動賞)」を受賞

「食と農林漁業の食育優良活動表彰」で「消費・安全局長賞」を受賞

ハウス食品グループの社会貢献活動「ハウス食と農と環境の体験教室」が、「第1回食と農林漁業の食育優良活動表彰」(主催:農林水産省、後援:内閣府、文部科学省)で「消費・安全局長賞」を受賞しました。
この表彰制度は、農林水産業への理解や食への感謝の念を醸成する食育活動を継続的かつ効果的に実施し、優れた業績を上げた農林漁業関係者や食品等事業者を表彰するものです。
表彰式は2013年11月2日(土)「食育フォーラム2013」の席上で行われ、審査委員長は「製造業や流通業などそれぞれの事業特性を活かした素晴らしい活動が行われており、企業の伝統の力を感じました」と話されました。

「食と農林漁業の食育優良活動表彰」で「消費・安全局長賞」を受賞

2014年

国連WFPから感謝状

ハウス食品グループが2013年度に行った食料支援活動への協力に対して、国連WFP(世界食糧計画)から感謝状を頂戴しました。2013年度、ハウス食品グループは「レッドカップキャンペーン」への参加、フィリピン台風被害に対する義援金等の支援を行いました。これからも大きな事はできませんが、継続していくことが大切と考え、2015年度も引き続き「レッドカップキャンペーン」に参加しています。

*「レッドカップキャンペーン」
対象商品の売上に応じて国連WFPの「学校給食プログラム」に寄付することにより、途上国の子ども達に学校給食が提供されるものです。対象商品は37gとんがりコーン(袋入り)3品です。
国連WFPから感謝状

「中国食品健康7星賞」を受賞

上海ハウス食品では、中国第一財経新聞社主催の「中国食品健康7星賞」表彰式にて、食品工場分門で品質管理に努め安全な製品を生産している、と評価され、「品質卓越奨」を受賞しました。2014年度は35社が受賞し、うち日系企業は当社を含めて3社。審査員による、工場現地調査、品質管理状況調査、総経理との面接等を経ての受賞となりました。従業員による日々の品質管理の徹底が今回の受賞に繋がっていると考え、今後も更なる品質向上に努めてまいります。

「中国食品健康7星賞」を受賞