ハウス食品グループがお届けする 健康とおいしさを応援するマガジン House E-mag ハウス食品グループがお届けする 健康とおいしさを応援するマガジン

メリットがあった! 夏に辛いものが無性に食べたくなるワケ

メリットがあった! 夏に辛いものが無性に食べたくなるワケ

取材協力:南恵子(食と健康アドバイザー) 文:石川由紀子

夏になると、何だかやけに食べたくなるのが辛い料理。ランチタイムにふと周りを見れば、「暑い、暑い」と言いながらカレーを食べ、余計に汗を流す人もいたりして……。でも実はこれ、とっても理にかなった行動なのだそうです。暑いにも関わらず、無性に辛いモノを食べたくなる理由とは?

体が自然と求める“涼”を得るために、汗をかいてクールダウン!

人間の体には、常に体温を一定にするメカニズムが備わっています。暑いときには汗をかくことで、皮膚表面の熱が放散され、体温の上がりすぎを防ぎます。

辛いモノを食べたときも同じで、かいた汗が蒸発の際に皮膚表面の熱を奪うため、より“涼”を得られます。タイやインドのような暑い国に、辛い料理が多いことも納得できますね。

汗が熱を奪う仕組みは、水をまいて涼を得る打ち水と同じ。要は、液体が気体に変化する際に必要となる、気化熱の原理です。
汗が熱を奪う仕組みは、水をまいて涼を得る打ち水と同じ。要は、液体が気体に変化する際に必要となる、気化熱の原理です。

食欲不振から引き起こされる、夏バテ予防にも効果的

暑い時期は、どうしても食欲が減退しがちです。そこでオススメしたいのが、辛いもの! 辛い料理に使われるスパイスには、にんにくのように食欲をかき立てる香りを持つものに加え、唐辛子や生姜などの辛味成分も含まれています。

この辛味成分が消化器の粘膜を刺激し、中枢神経の働きを向上。これにより、消化器へ送られる血液の量が増え、消化液の分泌が促進されて食欲増進に繋がります(※1)。

暑くて食欲がないからと、冷たい飲み物や麺類だけで済ませるのはNG。消化機能が低下したり、栄養不足から夏バテに繋がったりしてしまうのでご注意を。
暑くて食欲がないからと、冷たい飲み物や麺類だけで済ませるのはNG。消化機能が低下したり、栄養不足から夏バテに繋がったりしてしまうのでご注意を。

辛いモノのパワーで、美しさが得られるってホント?

唐辛子に含まれるカプサイシンは、吸収されて血中に入ると、感覚神経から中枢神経系を通じてアドレナリンの分泌を促進。このアドレナリンには、脂肪代謝などのエネルギー代謝や発汗を促す働きがあります(※2)。生姜も同様に、エネルギー代謝が高まると言われる食材。

当然ながら、これらを食べることで痩せる、美肌になるというものではありません。でも、新陳代謝を高めて血流を促すと考えられています。

代謝が高まるという唐辛子ですが、並外れた量を摂取するのはNG。粘膜の炎症につながる可能性もあるので、ほどほどを心がけましょう。
代謝が高まるという唐辛子ですが、並外れた量を摂取するのはNG。粘膜の炎症につながる可能性もあるので、ほどほどを心がけましょう。

辛いモノにはさまざまな効果が期待できると聞いて、早速、食べたくなった方もいるのでは?
また、夏バテ予防には、偏らずに多様なものを食べることも大切。エネルギー源となるごはんだけ食べても、ビタミンB群を摂らないとエネルギーに換えることはできません。健やかな体をつくるには、タンパク質や脂質、ビタミン、ミネラルなど、幅広い栄養素を摂ることが必要です。

さまざまな食品をまんべんなく食べるようにして、この夏を元気に乗り切りましょう!

さまざまな食品をまんべんなく食べるようにして、この夏を元気に乗り切りましょう!

<出典>

※1
『スパイスのサイエンス』(文園社/武政三男著)
唐辛子の辛味は胃腸でも味わう(城西国際大学)
トウガラシ(東京農業大学)

※2
カプサイシンの生理作用(農林水産省)

<お話をうかがったのは…>南 恵子(みなみ・けいこ):
All About「食と健康」ガイド。NR・サプリメントアドバイザー、フードコーディネーター、日本茶インストラクターなどの資格取得。現在、食と健康アドバイザーとして、健康と社会に配慮した食生活の提案、レシピ提供、執筆、講演、商品企画協力などを中心に活動する。
RECOMMEND 関連記事

GROUP ACTIVITY ハウス食品グループの活動

GROUP ACTIVITY ハウス食品グループの活動

ホームHouse E-magメリットがあった! 夏に辛いものが無性に食べたくなるワケ

page top