House E-mag

ハウス食品グループがお届けする 健康とおいしさを応援するマガジン

コツをつかめばこんなにおしゃれに!プロに聞く洋食の盛り付けテクニック<パスタ編>

コツをつかめばこんなにおしゃれに!プロに聞く洋食の盛り付けテクニック<パスタ編>

「さあ、出来上がり!」と、料理を何気なくそのまま盛り付けていませんか?料理の味わいは、調味だけでなく、見た目からも大きく左右されます。ちょっとしたコツを知って意識するだけで、いつもの料理がもっとおいしそうに変わります。今回は、パスタの盛り付けをご紹介します。

話を伺った人

小田 真規子さん

料理研究家・フードディレクター。誰もが作りやすく、健康に配慮した、簡単でおいしい日常の料理を、雑誌・TV等で提案。新しいアイデアのある分かりやすいレシピが好評で、著書は120冊に上る。スタジオナッツ代表として、食品、調味料、家電メーカー等の商品撮影のフードスタイリングやディレクションも数多く手がけている。

パスタは作る機会が多いメニューですが、麺タイプはなかなかうまく盛れないという方も。リストランテで出てくるように盛れたらテンションも上がるのに…。パスタはアルデンテに茹でたら、時間との勝負。慌てて盛り付けると、雑になってしまうので、パスタの盛り付けのコツをつかんで、よりおいしくいただきましょう。

1 器は少し大きめのものを

器は大きめのものを選びますが、器の中央にまとめて盛ろうとすると、中央からずれたり、広がってしまうなど、それが、案外目立ってしまいます。そのため、あえて中央を外して盛り付け、空いたところに野菜を添えるようにします。

そうするとずれても気にならずに、かえって全体にまとまり感が出ます。ソースの多いパスタの場合は、平らな器よりも、リム(縁)があったり、深さのある器のほうが盛りやすいでしょう。

1 器は少し大きめのものを
プレート:レイノー トレゾー ブルー ディーププレート 27cm

2 トングでパスタをつかみ、麺の並びをそろえる

出来上がったパスタはトングで盛ります。トングでパスタをつかみ、意識的に麺の並びをそろえます。トングでつかんだ麺は、手早く向きや長さをそろえるようにします。

2 トングでパスタをつかみ、麺の並びをそろえる

3 器を回しながら、パスタを丸く盛る

ここからは一気に行きましょう。パスタを盛る位置は、上から器を見て中央を外し、少し手前に、直径15cm程度の円を描くように盛ります。片手で器を少しずつ回し、丸くなるように盛り、少し形を整えます。

3 器を回しながら、パスタを丸く盛る

4 器を反回転させ、同様に丸く盛る

さらに同じようにパスタを取り、盛っていきます。今度は器を回す向きを反対にして、パスタの厚みが均等になるように盛り重ねていきます。交互に向きを変えながら回転させ、これを何度か繰り返していきます。

4 器を反回転させ、同様に丸く盛る
4 器を反回転させ、同様に丸く盛る

5 具を中央に集める

目立つパスタの端は、盛りつけた中に入れ込み、具があれば中央に集めて重ねます。

5 具を中央に集める。

6 ソースをかける

ソースがあれば、全体にかけます。

6 ソースをかける

7 添え野菜を盛り付け、バランスみて整える

中央を外して盛り、空いているところに、ベビーリーフやちぎったレタス、お好みの野菜を盛り合わせます。

8 トッピングはラフに

粉チーズ、胡椒、パセリ、ハーブなどのトッピングは、器全体にラフに振るようにすると、よりプロっぽく。ブラックペパーは、一度手のひらに出して、つまんで振ると仕上がりがきれいです。

8 トッピングはラフに

いかがですか?麺パスタの盛りつけのポイントは、パスタの麺のラインをある程度そろえることです。ラインがそろっている部分が多いほど、繊細さが出て、仕上げのラフなトッピングがおしゃれっぽく際立ちます。でも、盛り付けには時間をかけ過ぎないよう気をつけて。潔く盛りましょう。

8 トッピングはラフに

あわせてよみたい


ホームアクティビティHouse E-magコツをつかめばこんなにおしゃれに!プロに聞く洋食の盛り付けテクニック<パスタ編>