House E-mag

ハウス食品グループがお届けする 健康とおいしさを応援するマガジン

人生100年時代を快適に生きるため…軽い運動が頭を活性化。「脳フィットネス」のミラクルパワー!

人生100年時代を快適に生きるため…軽い運動が頭を活性化。「脳フィットネス」のミラクルパワー!

「脳フィットネス」という言葉をご存じですか。人生100年時代、いつまでも自分らしく生きるためには、体の健康だけではなく、脳の健康も重要です。そこで実践してもらいたいのが「脳フィットネス」。「脳フィットネス」とは、体を動かすことで脳を活性化させ、健康な脳を保ち、認知症の予防や健康寿命を延ばすというもの。空いた時間などに室内で手軽にできるものが多いので、ライフスタイルや体力に合わせて、試してみてはいかがでしょう。

脳トレーニングと脳フィットネスはどう違う?

脳トレーニングと脳フィットネスはどう違う?

脳機能そのものを鍛える脳トレーニング(脳トレ)という言葉が流行り出した2000年代。使わないと脳は衰えるため、使って鍛えようというコンセプトのもと、認知症予防などで取り入れられました。「脳トレ」はパズルや専用ゲームソフトで行われていましたが、「脳フィットネス」は、軽い運動や簡単なエクササイズなどで体を動かして脳を刺激するというもの。

また脳トレは達成感をもたらすことで、意欲(やる気)を引き出す効果があると言われますが、脳フィットネスは体を動かすことで心をリラックスさせ、ストレスを軽減させる効果があり、結果的に脳の活力がよみがえると言われています。

日頃から運動習慣のある人とない人では健康寿命にも差が出てくることは、さまざまな研究結果でもよく知られているところ。そうした背景からも「脳フィットネス」が注目されているのです。

歩くなどの軽い運動でも脳に刺激が。強弱のインターバルがキーワード

歩くなどの軽い運動でも脳に刺激が。強弱のインターバルがキーワード

最近の研究で、よく歩く人は認知症になりにくいと言われています。たとえば70~80歳の女性たちの認知機能テストの成績と運動習慣の有無、その時間を調べると、少なくとも1週間に90分歩く人は1週間に40分未満の人より認知機能が良いことが分かっています。

日割り計算すると、たったの15分ほどの歩行でも、脳に良い影響を与えるのです。

これは歩くことによって脳内の血流が活発になり、記憶力を司る海馬や集中力を司る前頭葉を活性化させる神経物質が生み出されるためと言われています。海馬は加齢に伴い委縮すると言われますが、適度な歩行は委縮した海馬を大きくさせるという研究結果もあるようです。

歩く以外には自転車、縄跳び、水泳、フラダンスやワルツ、軽いステップのダンスなども脳に刺激を与える軽い運動。どれもが負荷の軽い動きばかりです。また、ここに動きの強弱をつけると、より効果的と言われています。歩行でいえば3分、ゆっくり歩く。3分速足で歩く。その繰り返しを15分ほど続けるだけで、呼吸機能がアップ、血流がより活発になります。

動きの強弱をつけるという意味では特に自転車は最強の脳フィットネス。空いているところでは力強くこぎ、赤信号で休憩。こうした「インターバル運動」と呼ばれる短時間の高強度運動の繰り返しは脳の活性化に大きく役立つこととされているのです。

時間も重要、朝活の運動効果は抜群!

時間も重要、朝活の運動効果は抜群!

また一つ興味深い例があります。

アメリカのある高校では授業が始まる前に軽い体操とランニングを行うことで、生徒の学業成績が向上したということが報告されています。運動をすることで脳内に酸素やエネルギーが供給されるために、理解力や記憶力など脳の活動が活発になったと推測されています。

そもそも、朝の時間に運動を行うのはメリットがあります。朝の運動は、交感神経を刺激するので基礎代謝が高まり、ダイエットにも効果的。ただし、もちろん無理は禁物。継続することが大切なので、無理なく楽しくをモットーに習慣化していきましょう。

朝ダイエットについては詳しくはこちらの記事を参照してください

歩き方やスピード、歩幅も意識してみよう!

70歳以上の男女1149人を10年間追跡した東京都のデータがあります。それによると10年間に認知症になってしまった人の歩き方は、歩幅が狭く、しっかり歩けない人が多く、歩幅が広くしっかり歩く人に比べて、認知症発生率が3,4倍も高かったという結果が出ています。

負荷が軽くても、しっかり歩くことで、脚の筋肉からたくさんの血液が心臓に、そして脳に送られることが分かっています。一日15分の歩行でも、脳フィットネスの効果が上がるよう、意識してしっかり歩きましょう。

人生100年時代、いつまでも自分らしく心身ともに健康に生きるために「脳フィットネス」をぜひ生活に取り入れてみてください。


GROUP ACTIVITYハウス食品グループの活動

循環型モデルの構築、そして健康長寿社会の実現に向けて取り組みを行っています。

ホームアクティビティHouse E-mag人生100年時代を快適に生きるため…軽い運動が頭を活性化。「脳フィットネス」のミラクルパワー!

page top