ハウス「三ツ星食感」新アイテム3品を2月16日から発売

2015年01月29日

おいしい食感が際立つ主菜メニューが、普段使いの食材でできる調味料シリーズ

ハウス食品は、ハウス「三ツ星食感」<もやしシャキシャキ 豚もやしとろみ炒め><きゃべつシャキシャキ 鶏塩キャベツ><衣カリカリ タンドリーチキン>2月16日から全国で発売いたします。

また、現在販売中の<皮目パリパリ 照焼きチキン><衣サクサク ミルフィーユ風カツ>も、改良を実施し、2月16日から全国で順次発売いたします。

ハウス「三ツ星食感」シリーズは、“パリパリ”“サクサク”“ふわふわ”などおいしい食感が際立つ魅力的な主菜メニューが、普段使いの食材で簡単な手順でできる調味料シリーズです。拡大が続くメニュー調味料市場において “食感”で差別化されたブランドとして、ご好評いただいております。今後も、「食材」「メニュー」の広がりにて、幅広いラインナップを揃えてまいります。

製品特徴

ハウス「三ツ星食感」

<もやしシャキシャキ 豚もやしとろみ炒め> (新製品)

「シャキシャキ炒め油」が野菜の水分流出をガードすることで“シャキシャキ”の食感を実現。「とろみ炒めの素」による、にんにく醤油風味が具とからまり、ごはんのすすむ味わいです。(ご準備いただく材料:豚こま肉、もやし、にら)

<きゃべつシャキシャキ 鶏塩キャベツ> (新製品)

「シャキシャキ炒め油」が野菜の水分流出をガードすることで“シャキシャキ”の食感を実現。「塩炒めの素」には「伯方の塩」を使用。ネギ入りで彩りよく仕あがります。 (ご準備いただく材料:鶏もも肉、きゃべつ)

<衣カリカリ タンドリーチキン> (新製品)

「カリカリになる衣」により、大きい粒の衣を一口大に切った鶏もも肉へ付着させ、“カリカリ”の食感を実現。フライパンで焼いて、タンドリーチキンができます。 (ご準備いただく材料:鶏もも肉)

製品概要

製品名ハウス 三ツ星食感
<もやしシャキシャキ 豚もやしとろみ炒め>
<きゃべつシャキシャキ 鶏塩キャベツ>
<衣カリカリ タンドリーチキン>
内容量2~3人分
荷姿10×4
価格オープン価格
発売日2月16日
発売地区全国
発売チャネル全チャネル
画像:ハウス「三ツ星食感(左から)」<もやしシャキシャキ 豚もやしとろみ炒め><きゃべつシャキシャキ 鶏塩キャベツ><衣カリカリ タンドリーチキン>

画像:ハウス「三ツ星食感(左から)」<もやしシャキシャキ 豚もやしとろみ炒め><きゃべつシャキシャキ 鶏塩キャベツ><衣カリカリ タンドリーチキン>

製品特徴と改良ポイント

ハウス「三ツ星食感」 (既存品)

製品の特長である「食感」をさらに強く訴求するよう、メニュー写真を大きくするなどパッケージデザインを変更いたしました。

<皮目パリパリ 照焼きチキン> (既存品)

「パリパリさせる粉」を鶏もも肉の皮目にまぶし、フライパンで焼くと、パリパリとした食感になります。仕あげに「照焼きソースの素」を煮からめると、皮目が“パリパリ”の照焼きチキンができあがります。(ご準備いただく材料:鶏もも肉)
「パリパリさせる粉」を増量しました。

<衣サクサク ミルフィーユ風カツ> (既存品)

「まとめる粉」と豚こま肉をビニール袋に入れてもみこみ、まとめたあとに平たく形を整えます。その後、「サクサクになるパン粉」を均等につけ、フライパンで焼くと、衣の食感が“サクサク”のミルフィーユ風カツができあがります。(ご準備いただく材料:豚こま肉)
肉のまとまりやすさを改良し、より作りやすくなりました。また、パン粉を増量しました。

<きゃべつシャキシャキ 豚みそキャベツ>  (既存品) ※製品名変更のみ

野菜の水分流出をガードすることで“シャキシャキ”の食感を実現。豆鼓醤・豆板醤や醗酵そら豆ペースト(味噌)を使ったごはんに合う味わいです。(ご準備いただく材料:豚こま肉、きゃべつ、ピーマン)

page top