ハウス食品グループ本社 中央研究所のご紹介

研究方針

グループの、明日の成長への仕込みと今日の事業基盤の強化を!

  

今日も未来も、お客さまの笑顔あふれる暮らしを実現するために食のチカラを通じて「確かな価値」と「新しい価値」を提供し続ける研究開発を進めます。

中央研究所のご紹介

研究トピックス

ハウス食品グループ本社 中央研究所の活動内容

基盤技術研究

新しい食品の開発に繋がる知見の発見や、製品の品質を向上をさせる上で役立つ未解明な現象の解明、また食品の安全性衛生性検証のための分析方法の開発などを行っています。

スパイス研究

スパイスの新しい価値(おいしさ、健康)をお届けするために、スパイスの栽培、加工技術   研究やスパイスの機能性研究を行なっています。

容器包装研究

「お客様が心地よく使えて喜んでいただける容器包装」を目指し、お客様が製品をお使いになるシーンを想定しながら、容器包装の設計、開発、改良を行なっています。

お客様生活研究

新しい商品のコンセプトや企画を作り上げていくために、市場調査や売上データの分析などからお客様のライフスタイルや嗜好の変化・トレンドを探っています。

海外技術支援統括

海外事業拠点に対して、グループ本社、事業会社との連携を図り、製品開発、技術開発、品質保証などの技術面からの支援業務を束ねます。