ハウス食品株式会社 平成23年3月期 第3四半期決算短信

1.当四半期の連結業績等に関する定性的情報

(1)連結経営成績に関する定性的情報

当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、急激な円高のなか企業収益回復の動きは鈍く、景気は足踏み状態が続いております。生活関連分野では、消費マインドの冷え込みからお客さまの節約志向・選別志向は一段と強まり、デフレ傾向が進行する厳しい環境下にありました。

このような状況のもと、当社グループは、第三次中期計画の2年目にあたる当連結会計年度を、中期計画の成否を決める重要な1年と位置づけ、「利益重視」「新しい需要の創造」の2つの施策を軸とした企業活動を推し進めております。

売上面におきましては、「ウコンの力」シリーズを中心とする健康食品やスパイス製品が順調であったほか、子会社ハウスウェルネスフーズ株式会社の飲料製品が堅調に推移しました。しかしながら、昨年5月にミネラルウォーター事業を売却したことや、カレー・シチュー製品が猛暑の影響を受け夏場の売上が伸びなかったこと等から、当第3四半期連結累計期間の売上高は1,687億1,900万円、前年同期比2.3%の減収となりました。

また、利益面では、引き続きコストダウン活動に努めましたものの、売上が減少したこと等から、営業利益は112億9,700万円、前年同期比1.1%の減益、経常利益は117億4,700万円、前年同期比3.0%の減益、四半期純利益は投資有価証券評価損が減少したこと等から65億2,600万円、前年同期比6.2%の増益となりました。


なお、当連結会計年度より、報告セグメントを従来の「食料品」「運送・倉庫業他」の2事業区分から、「香辛・調味加工食品事業」「健康食品事業」「海外事業」「運送事業他」の4事業区分に変更しております。


セグメントの業績は次の通りであります。

<香辛・調味加工食品事業>

カレー製品は、主力のルウ製品「バーモントカレー」「ジャワカレー」が比較的底堅い動きを示しましたものの、「こくまろカレー」が低価格帯製品との競争激化により低調な売上となりました。また、前年好調であった「カレー鍋つゆ」が、鍋つゆメニューの多様化のなか苦戦を強いられました。加えて、レトルト製品「カリー屋カレー」が、前期の新型インフルエンザ流行による備蓄需要の反動もあり軟調に推移したことから、全体では前年同期を下回る結果となりました。

スパイス製品は、新製法を採用した「ねりスパイス」や、「洋風スパイス」が引き続きお客さまから大きなご支持をいただき、増収となりました。

シチュー製品は、新製品「ふうふうシチュー」が着実に市場に定着しましたが、残暑の影響でシーズンインの秋口の需要が盛りあがりに欠けるなか、既存の「シチューミクス」「北海道シチュー」の売上が伸び悩み、全体としては減収となりました。

カップタイプのスープ製品「スープdeおこげ」は、厳しい価格競争のなか低調に推移しました。

スナック製品は、「とんがりコーン」が堅調な動きを示し、前年同期実績を確保しました。

以上の結果、香辛・調味加工食品事業の売上高は982億9,800万円、前年同期比2.0%の減収、営業利益は98億1,200万円、前年同期比4.8%の減益となりました。

<健康食品事業>

健康食品は、前期発売の「ウコンの力スーパー」が好調な売上を示したことに加え、朝の素早い水分補給に適したウコンウォーター「ウコンの力モーニングレスキュー」や、飲みやすいスティックタイプの「ウコンの力顆粒スーパー」を発売するなど、「ウコンの力」シリーズの拡充に努めました結果、増収となりました。

ハウスウェルネスフーズ株式会社の健康食品事業は、「レモンウォーター」が前年を割り込んだ状況でしたが、「ビタミンレモン」のバラエティ製品「C1000 ビタミンレモンコラーゲン」が着実に売上を拡大したほか、「C1000 リフレッシュタイム」が好調であったこと等が寄与し、前年同期を上回りました。

ダイレクト事業では、食事代替製品とユーザーサポートがセットになったダイエットプログラム「ニュートリシステムJ-ダイエット」が、テレビコマーシャルの出稿等による新規顧客の獲得に努めましたが、目標を下回る結果となりました。

以上の結果、健康食品事業の売上高は404億9,200万円、前年同期比5.8%の増収、営業利益は10億4,600万円、前年同期比29.9%の増益となりました。

<海外事業>(現地通貨ベース)

米国の大豆事業は、東部地区を中心に新たなユーザーの開拓を進めたほか、豆腐製品の受託生産が増加したこと等から、好調に推移しました。

中国の加工食品事業は、中国国家体育総局訓練局とのタイアップによる広告活動と連動した店頭での販促活動が奏功したことに加え、業務用ルウカレー製品の拡大に注力しました結果、増収となりました。

カレーレストラン事業につきましては、米国で新規出店予定の遅れがありましたものの既存店舗が順調であったことや、中国・台湾・韓国で新規出店を進め売上拡大を図りましたことから、いずれも増収となりました。

以上の結果、円ベースでは、海外事業の売上高は79億5,700万円、前年同期比8.0%の増収、営業利益は4億1,100万円、前年同期比5.5%の増益となりました。

<運送事業他>

子会社ハウス物流サービス株式会社の運送・倉庫事業は、当社ミネラルウォーター事業譲渡に伴う影響があったものの、グループ外企業からの物流業務の受託が好調であったことから、前年同期実績を確保しました。

当セグメントに含めております「六甲のおいしい水」は、事業譲渡を行いました結果、大幅な減収となりました。

以上の結果、運送事業他の売上高は219億7,200万円、前年同期比17.8%の減収、営業利益は1,300万円となりました。

(2)連結財政状態に関する定性的情報

当第3四半期連結会計期間末の財政状態は以下の通りであります。

総資産は2,338億8,100万円となり、前連結会計年度末に比べて19億5,400万円の増加となりました。

流動資産は、債券の償還や1年超の債券および自己株式の取得等により有価証券・現金及び預金がそれぞれ減少した一方、受取手形及び売掛金が増加したことなどから、21億4,900万円増加の1,046億5,600万円となりました。固定資産は、債券の取得等により投資有価証券が増加した一方、ミネラルウォーター事業の譲渡により有形固定資産が減少したことや、のれんの償却により無形固定資産が減少したことなどから、1億9,500万円減少の1,292億2,500万円となりました。

負債は516億2,700万円となり、前連結会計年度末に比べて23億2,800万円の増加となりました。

流動負債は、未払金が減少した一方、支払手形及び買掛金が増加したことなどから、26億5,000万円増加の419億2,500万円となりました。固定負債は、資産除去債務に関する会計基準の適用に伴い資産除去債務が増加した一方、退職給付引当金・リース債務などが減少したことなどから、3億2,200万円減少の97億100万円となりました。

純資産は、四半期純利益により利益剰余金が増加した一方、自己株式の取得・消却により利益剰余金・自己株式がそれぞれ減少したことや、為替換算調整勘定・その他有価証券評価差額金が減少したことなどから、前連結会計年度末に比べて3億7,400万円減少の1,822億5,400万円となりました。

この結果、自己資本比率は前連結会計年度末の78.6%から77.7%となり、1株当たり純資産は1,660円57銭から1,703円09銭となりました。

(3)連結業績予想に関する定性的情報

平成23年3月期の連結業績予想につきましては、平成22年10月29日発表の業績予想からの変更はございません。

2.その他の情報

(1)重要な子会社の異動の概要(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動)

該当事項はありません。

(2)簡便な会計処理及び特有の会計処理の概要

税金費用の算定方法

当連結会計年度の税金等調整前当期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税金等調整前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算する方法を採用しております。

なお、「法人税、住民税及び事業税」及び「法人税等調整額」を「法人税等」として一括掲記しております。

(3)会計処理の原則・手続、表示方法等の変更の概要

「資産除去債務に関する会計基準」等の適用

当第1四半期連結会計期間より、「資産除去債務に関する会計基準」(企業会計基準第18号 平成20年3月31日)及び「資産除去債務に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第21号 平成20年3月31日)を適用しております。

これにより、当第3四半期連結累計期間の営業利益及び経常利益は800万円、税金等調整前四半期純利益は1億8,500万円それぞれ減少しております。また、当会計基準等の適用開始による資産除去債務の変動額は2億7,900万円であります。

Adobe Readerのダウンロード

Get Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをダウンロードする

Flash Playerのダウンロード

Get FLASH PLAYER
Flashをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Flash Player(無償)が必要です。
Flash Playerをダウンロードする
  • 財務諸表推移Excelダウンロード
  • コーポレートガイド2016

最新のIR関連資料

page top