リスクマネジメント

ハウス食品グループは、事業活動を取り巻くさまざまなリスクを適切に把握・管理するとともに、万が一、リスクが顕在化した場合には、人的・経済的・社会的損害の最小化と早期復旧および再発防止に努めることで、社会的責任を果たしていきます。

リスクマネジメント推進体制

ハウス食品グループでは、グループCSR委員会によるグループ全体のリスクマネジメント活動の確認と各社によるリスクの自主管理を二本柱として、リスクマネジメントを推進しています。
各社ではリスクマネジメントに関する意思決定機関としてCSR委員会を設置するとともに、CSR担当部署およびCSR推進者を設定し、各職場においてCSR委員会の方針に沿ったリスクマネジメント活動を推進しています。
一方、グループCSR委員会は、グループ全体のリスクマネジメント活動計画や重大リスクに関する事項の審議・決定、各社のリスクマネジメント状況のモニタリング・レビューを行い、ハウス食品グループ全体のリスクマネジメント活動が適正に行われていることを確認しています。

リスクマネジメント推進体制

※海外事業会社はCSR担当部署がCSR委員会と同様の役割を担い、CSR推進活動に取り組んでいます。

リスクマネジメント活動

ハウス食品グループでは、定期的にリスク調査を実施しており、想定されるリスクを洗い出し、その影響度・発生可能性・対応状況等を評価しています。
各社・各部署はこの調査結果に基づき、リスク対応の優先順位づけを行い、リスクが適切に管理されるよう、対応を進めています。中でも、各社の経営に重大な影響を与えるリスクを「重大リスク」として、各社において重点的に対応しています。
また、各社の「重大リスク」のうちグループ全体の経営に重大な影響を与えるリスクおよびグループ内で部門横断的に対応すべきリスクについては、「グループ重大リスク」、特にグループへの影響が高い項目・対応が不十分で緊急にグループとしての対応が必要な項目を「グループ重大注力リスク」としてグループCSR委員会に報告され、そこで、グループ全体最適の観点で対応方針や対応の主管部署を決定し、対応を指示しています。

リスクマネジメント活動

グループ重大リスクの例

※画像をタップで詳細を表示
情報漏洩 自然災害・事故対応の不備 Web・SNSによるネガティブ情報拡散
感染症疾患の流行 品質・表示問題、欠陥の発生 基幹業務システムの停止・動作不良

事業継続計画(BCP)

ハウス食品グループでは、自然災害など何らかの原因で各社の事業が中断される危機に瀕した際に、以下の目的を達成するために事業継続計画(BCP)を策定・運用しています。

※画像をタップで詳細を表示
目的 基本方針
社会的な責任を果たす 社員とその家族および関係者の命を守る
地域に迷惑をかけない(二次災害の防止)
会社を守る
製品の供給・サービスを継続する
社会的な信頼を維持する 取引先への悪影響を防ぐ
早期業務再開による地域経済貢献
社員の地域活動を支援
積極的な地域連携・地域貢献

また、BCPの実効性を高めるために定期的な訓練の実施・各種マニュアル類の見直しを実施しています。

有事への備え

ハウス食品グループでは、事業継続の観点から、社員の生命を守るため、安否確認システムの導入および各事業所に飲食料等の備蓄を行っています。
また、早期業務再開のため、情報のやり取りを確保できるよう、衛星携帯電話や発電機・蓄電池等を導入しております。
さらに、これら安否確認システムや備蓄品が有事の際に適切に使用されるよう、訓練や社内報による啓発等を通じて社員の事業継続に対する意識を高めています。

起震車体験の訓練

起震車体験の訓練

防災備蓄品の一部

防災備蓄品の一部

page top