コーポレート・ガバナンス

「スピード経営」を推進し、経営環境の変化と社会的要請に即応できるコーポレート・ガバナンスを確立しています。

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

社会性と透明性の向上

ハウス食品グループでは、経営組織の活性化と迅速な意思決定を旨とする「スピード経営」に取り組むことにより、経営の有効性と効率性を高め、企業価値の最大化を追求しています。また、企業の社会性と透明性の向上および説明責任の遂行に努め、コンプライアンスの徹底を図るために、図の通りコーポレート・ガバナンス体制を構築しています。

図:業務執行・監視および内部統制のしくみ

取締役会は、重要な業務執行を決定し取締役の職務の執行を監督します。監査役会設置会社として、常勤監査役2名、社外監査役3名の体制を整えています。

財務報告に係る内部統制

ハウス食品グループでは、金融商品取引法にもとづき、全社的な内部統制の整備および運用状況を評価・改善すると共に、監査部が、グループ各社の自己点検の信憑性を確保するために活動実態や証跡を確認し、グループ全体の内部統制の有効性を評価しています。この評価結果をもとにグループとして「内部統制報告書」を作成し、外部監査人からハウス食品グループの財務報告に係る内部統制は有効であると判断されております。
こうした取り組みにより、財務報告の信頼性を確保することで、ステークホルダーの皆様から、より一層の信頼を得られるよう努めてまいります。

「コーポレート・ガバナンス報告書」はこちらから

page top