• line

Spice of Life 人生にスパイスを

[ 放送日時 ]
2017年9月24日(日)16:00~17:00
BS-TBSにて放送

番組の紹介

都会の真ん中にひっそりと佇む大人の隠れ家。
オーナーの茂木健一郎が
番組に訪れるゲストのために、
一流シェフの指導のもと、
心のこもったスパイス料理でおもてなしします。
一緒にスパイス料理を食べながら、
素敵なゲストの人生の機微、
スパイスとなった出来事を語り合う番組です。

出演者の紹介

オーナー | 茂木 健一郎
脳科学者
1962年東京生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程終了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を出て現在に至る。「クオリア」(感覚の持つ質感)をキーワードとして脳と心の関係を研究するとともに文芸評論、美術評論にも取り組んでいる。2005年、『脳と仮想』で第四回小林秀雄賞を受賞。2009年、『今、ここからすべての場所へ』で第12回桑原武夫学芸賞を受賞。他の著書に『脳を活かす勉強法』、『脳は「本の読み方」で磨かれる』、『脳を最高に活かせる人の朝時間』、『最高の結果を引き出す質問力』などがある。
シェフ | 古賀 純二
シェ・イノ料理長
1964年佐賀県生まれ。福岡の調理師学校卒業後、84年、京橋「シェ・イノ」のオープンと同時に入社。日本のフランス料理界の第一人者、井上旭氏に師事。 2005年シェ・イノの料理長に就任。華やかな料理と温厚な人柄にファンが多く、イベントや講習会でも活躍中。東北復興支援である「東京グランメゾンチャリティカレー」など、ボランティア活動にも積極的に参加している。2016年には厚生労働省より「現代の名工」(卓越技能章)を受賞。

今回のゲスト

葉加瀬 太郎

ヴァイオリニスト

1968年1月23日大阪府生まれ。1990年、 KRYZLER&KOMPANYのヴァイオリニストとしてデビユー。セリーヌ・ディオンとの共演で世界的存在となる。1996年の解散後ソロ活動開始。2002年、自身が音楽総監督を務めるレーベル”HATS”を設立。2013年、自身初のワールドツアーを成功させ、2014年には、 47都道府県を回るコンサートツアーを成功させた。デビュー25周年の節目の年となる2015年、 KRYZLER&KOMPANYを再結成させ、 2/25に最新アルバム”NEW WORLD”をリリース。コンサートツアー8都市10公演を開催。ツアーファイナルには、19年前に解散コンサートを行った想い出の地、日本武道館に新旧のファン9,000人を動員し、大盛況のうちにツアーを終えた。コンサートツアー8都市10公演を開催。同年8月、 25周年を記念するアルバム「DELUXE~Best Duets~」をリリース。このアルバムは第30回日本ゴールドディスク大賞インストゥルメンタルアルバムオブザイヤーに輝いた。同年9月、全国ツアー「葉加瀬太郎 25th Anniversary Concert “DELUXE~Best Selection~“」(50公演)をスタートさせ、全ての公演をSOLD OUTで成功させた。2016年4月、「HATS MUSIC FESTIVAL Vol.1 葉加瀬太郎・高嶋ちさ子・古澤巌~3大ヴァイオリニストコンサート~」(全6公演)を開催。ソロデピユー20周年を迎えた同年8月3日、 3年ぶりにフルオリジナルアルバム「JOY OF LIFE」をリリース。オリコン週間総合チャート9位にランクイン。第58回日本レコード大賞優秀アルバム賞受賞。9月より年末にかけて行われた全国ツアー「~20th Anniversary~葉加瀬太郎コンサート2016 “JOY OF LIFE”」 (全 50公演)は全公演完売で成功させた。2017年3月、 3大ヴァイオリニスト第2弾となるアルバム「BEST OF THE THREE VIOLINISTSⅡ」をリリース。4月から「HATS 15TH ANNIVERSARY 葉加瀬太郎・高嶋ちさ子・古澤巌~3大ヴァイオリニストコンサート~」(全14公演)を開催し、全公演完売で成功させた。

[ 放送日時 ]
2017年9月24日(日)16:00~17:00
BS-TBSにて放送

[ テーマ ]
燃える”情熱”カレー

作り方
  1. 仔羊は脂の部分を下にして広げ、中央に口ーズマリーをのせ塩こしょうし、口ーズマリーを芯にして巻き、タコ糸でしばり、外側にも強めて塩こしょうする。
  2. フライパンを熟し、 1.の仔羊を入れてじっくり焼き目を付け、 180℃のオープンで20分焼く。フライパンの脂は後でカレーの鍋に加える。
  3. 鍋にサラダ油、種を取ってちぎった赤とうがらしを入れて熱し、そこヘ潰したコリアンダー、クミンを加えて妙める。
  4. 3.に玉ねぎ・塩小さじ1を入れ、玉ねぎがきつね色になるまで妙め、しょうが、にんにくを加えてさらに妙める。
  5. 4.に(A)を入れ、潰したホールトマト、プイヨン1Lを加えて煮込む。ココナッツミルクを加え、ひと煮立ちしたら、大きく切ったじゃがいもを入れ、味を見て塩を加え、オープンから出した仔羊を加えて火を止め、しぱらく置く。
  6. 鍋から仔羊を取り出しスライスする。
  7. 皿にご飯、ゆで卵、仔羊を盛り、じゃがいもとカレーソースをかける。

☆ 仔羊はオーブンから出した後、カレー鍋に入れて、余熱で火を通す。
☆ プイヨンは、固形のものを溶いておく。

ジュダニョー

ジュダニョーとは、仔羊で取った出汁のことで、仔羊の骨、すじが手に入れぱ作るとよい。

  1. フライパンにサラダ油を熱し、仔羊の骨・すじ、にんにくを強火で焼き、鍋に移す。中身を取ったフライパンに、白ワインビネガーを入れて木ベラで混ぜ、鍋に入れる。
  2. 1.の鍋にヒタヒタの水(約2L)を入れて火にかけ、トマト1コ、エストラゴン、タイムを加えて約1時間弱火で煮込む。
材料(4人分)
・仔羊口ース 500g
・フレッシュローズマリー 1枝
・塩・こしょう 適量
・玉ねぎ(荒みじん切り) 1コ
・にんにく(すりおろし) 大2
・しょうが(すりおろし) 大2
・赤とうがらし(種は抜く) 5本
・クミン 小さじ1
・コリアンダー(潰す) 小さじ1
・ホールトマト缶(潰す) 2/3缶
・ココナッツミルク 2/3缶
・プイヨン 1L
・ジャガイモ(皮ごと塩ゆでにして皮をむく) 2コ
・ゆで卵 4コ
・サラダ油 大さじ2
<A>
・カイエンペッパー 小さじ1
・ガラムマサラ 小さじ1
・プラックペッパー 小さじ1
・ターメリック 小さじ1
・パプリカ 2/3缶

<ジュダニョー>
・仔羊の骨.すじ 1kg
・トマト 1コ
・にんにく 1カケ
・白ワインビネガー 200ml
・エマトラゴンの酢漬け 1本
・タイム 1枝

番組からのお知らせ

[ プレゼント ]
番組からレイノーの食器をプレゼント

番組をご覧の皆さまに、
ハウス食品が輸入販売している
フランスの名門陶磁器窯元である
レイノー社の食器をプレゼントします。
応募方法等の詳細は、
BS-TBSホームページ内の
プレゼントページをご覧ください。

[ ハウス食品グループ ]
スペシャルランチパーティご招待

憧れの高級フレンチレストランで
コース料理をいただく
ランチパーティーにご招待します。
非日常の特別な空間で
本格フランス料理をいただきながら
優雅なひとときを過ごしてみませんか。
応募方法等の詳細は、
ハウス食品グループホームページ内の
イベントページをご覧ください。

[ RAYNAUD ]
レイノーのご紹介

レイノーはフランス陶磁器の故郷、
フランスの中西部に位置する都市リモージュで
リモージュ焼きを創り続ける
数少ない伝統の窯のひとつです。
独自に調合されたカオリン(陶土)が作り出す
独特な白地と自然な色彩の絵柄が、
食べものをより引き立てます。
伝統的な絵柄から、
新進気鋭のデザイナーによる現代的なものまで、
多くの人々に愛されています。

ヒストリー篇
ミネラル篇

アーカイブ

page top